タシケント

タシケント

かつて玄奘が往路に通過した赭時国 タシケント。当時の面影は全く残っていない。 地下鉄が3路線もある中央アジア最大の大都市となっている。

大唐西域記には

赭時国(石国)
赭時国は周囲千余里で、西は葉河に臨んでいる。東西は狭く、南北が長い。産物・気候は□(竹かんむりに奴)赤建国(ヌージカンド)と同じである。城や邑は数十あるが、それぞれ主君を別にいただいている。[赭時国]全体の君主もなく、突厥に隷属している。これより東南のかた千余里で□(りっしんべんに市)捍(フェルガナ)に至る。
と記されている。(水谷真成訳 大唐西域記 平凡社から引用)


市電とその向こうにタシケント駅を望む。
ウズベキスタンの首都であり、中央アジア最大の都市である。地下鉄もある。


旧日本軍抑留者が強制労働で造ったナヴォイ・オペラ・バレエ劇場


ウズベキスタンの英雄ティムール像。


タシケントを訪問した目的は、このガンダーラ仏を拝観することです。
テルメズ近郊(南部のアフガニスタン国境付近)のファヨーズ・テペ遺跡出土の優しい包み込んでくれるようなお顔です。脇侍は迦葉と阿難と思われる。

発掘風景の写真


これも菩薩像の断片


為替レートはUS$1=1300スムで、ちょっと両替しただけで、大金を得たような感じ。

Google Mapで見ると


大きな地図で見る
タシケント駅